エケベリア ボンビシナ(3)

エケベリア・ボンビシナ(Echeveria cv. bombycina)2013年3月~比較的毛足の長い産毛系エケベリア。茎立ちしてきていたので、下葉をむしって並べていたら葉挿し出来た。思っていたより簡単に増えたので意外だ。見次やり少なめなせいもあるが、成長はゆっくり。...

エケベリア リップスティック(3)

エケベリア_リップスティック?2013年4月~100均多肉でリップスティックと思われるもの。購入当時の面影は全くない。期待していた紅葉時にも真っ赤にはならなかった。育て方が違うのかも?月錦と同じような色合いでもしかすると何か関連性があるのかも。...

クラッスラ 玉椿(2)

クラッスラ・玉椿2013年3月~比較的大きかったが、下の方から枯れてきて、最終的に仔株しか残らなかった。ここまで育てるのに結構水を頻繁にあげている。常に成長しているぐらいじゃないとウチでは下の方から枯れてしまう。難しい…...

ハオルチア ピリフェラ錦(3)

ハオルチア・ピリフェラ錦2013年3月~これも水を控えすぎてシワシワ。だんだんと白い部分が増えている気がしないでもない。最近やっと仔株が出てきた。...

ハオルチア パークシアナ(3)

ハオルチア・パークシアナ2013年3月~成長が遅いと評判の奴だがそこそこ増えている気がする。花芽は四六時中出している。日に当てている時間が長いからかもしれない。ここのところ仔株の成長が著しい。...

ハオルチア トランシエンス(3)

ハオルチア・トランシエンシス2013年3月~最近水やりサボり気味なためこんなシワシワに。かなり大盛りになっている。ここまで来ると、どこまでこのまま成長し続けるのか観察したくなる。...

クラッスラ 紅稚児(3)

クラッスラ・紅稚児2012年12月~少し前に遡って、紅稚児の花。クラッスラの花ってどれも小さい。今は紅葉も醒めているが全体が真っ赤になる紅葉時はキレイ。葉っぱがポロポロ取れやすい。そこから葉挿しもいける。...

セダム グリーンペット(3)

セダム・グリーンペット(Sedum (Villadia) batesii)2012年12月~少し遡って春の開花の様子。緑のらせん状の先っぽにセダムにしては比較的大柄な花をつける。今まで咲いたところを見たことが無かったので、地味目の多肉だと思っていたがなかなかどうして。緑と白のコントラストが際立って見栄えがする。...

クラッスラ パンクチュラータ(3)

クラッスラ・パンクチュラータ2012年12月~枯れ枯れのクラッスラ。当初から比べると結構増えたが、あまり構わなかったためそろそろ頭打ち。カットして他で増やす必要がある。これも比較的水が多い方が成長する。たまに、園芸ルートで売られているのを見かけるが、大抵雨ざらしで売っている。...

セダム ダシフィルム(3)

セダム・ダシフィルム(Sedum dasyphyllum)2012年12月~屋外で冬越し成功のセダム。雪が積もっても大丈夫だった。そして開花。結構大ぶりの花。咲いた茎は枯れるが、根元からまた新たな芽が出ている。...

エケベリア 花うらら

エケベリア 花うらら(Echeveria pulidonis)2014年7月~寄せ植えにしていた花うららが、他の多肉の蒸れに巻き込まれてしまったので購入。ここから色々な交配種が生まれたが、この独特の縁どりはよく受け継がれている。普及種だがロゼット、縁取り、爪とエケベリアの魅力が詰まっていると思う。...

エケベリア すみれ牡丹

エケベリア すみれ牡丹2014年7月~すみれ牡丹もかつて育てていた。エレガンス系統らしく葉の縁が白く抜ける。エレガンスと違って成長点が楕円に歪まないので綺麗な形に育つ。ただ、若干縦に伸びやすい傾向があるみたい。...

セネシオ 万宝

セネシオ 万宝(Senecio serpens)2014年7月~青白い肌で美空鉾より太目。セネシオらしく光にかざすとこのような透明なスジが見える。以前はカイガラムシにやられてしまったが、今度は対策ばっちり。水は比較的多めの方がふっくらして状態がよい。...

オロスタキス 子持ち蓮華(4)

オロスタキス 子持ち蓮華2013年4月~増えすぎたのをプランターにばら撒いたのはいつだったか…ばら撒いた先でまたこんなに増えた。どんなに粗雑に扱っても増える。名に恥じない増えっぷりといった感じ。...

セダム カメレオン(3)

セダム カメレオン(Sedum reflexum cv. Chameleon)2013年7月〜…の花。花弁が薄く、雨にぬれると半透明になってとても美しい。全体はかなりの長さになり外に放置していたら、水が多すぎたのか葉っぱがボロボロ落ちてしまった。セダムらしく結構太い奴だったが、花が付いた茎は枯れる。...

エケベリア 桃太郎(2)

エケベリア・桃太郎2013年12月~爪の赤に、青白い肌のコントラストが凄い。買ったところの状態が良かったのか、カナリ丈夫で健康的に育っている。うっすら白粉系で日焼けもなく、日差しにも強いようだ。...

クラッスラ オルビキュラータ(2)

クラッスラ オルビキュラータ(Crassula orbiculata)2014年2月~中心から花芽が出てきたと思ったら、双頭になって成長してきた。ランナーで子供を増やすクラッスラ。成長は子持ち蓮華などよりずっと遅い。乾燥にもかなり耐える方だと思うが、全般にクラッスラは若干水多めの方が上手く育つ気がする。水が切れてもシワシワにならないので、タイミングが分からないだけかも。...

センペルビブム シトラス(3)

センペルビブム シトラス2013年7月~購入から丸1年、倍以上に増えた。はじめはその名の通り明るい緑色のセンペルだったが、今は紅葉の残りがあってこんな色。糸も巻いてきている。こんなに詰まっているのに全然蒸れたりしない丈夫なやつ。...

アエオニウム サンシモンカナリエンス(3)

アエオニウム サンシモンカナリエンス2013年7月~ギュッと縮んで休眠モードに入っているサンシモンカナリエンス。雨で水を供給されていいるので、完全な休眠にはならず微妙に育っている。外側の葉が枯れてくるのか速くてこんな小柄になってしまった。...

エケベリア ファンクイーンB(2)

エケベリア ファンクイーン(Echeveria'Vanbreen')2014年3月~2つあるうちの2つ目。花芽カットしたらもう一つおかわり。明るい透明感のある花は、光の当たり具合で自ら発光しているようにも見える。綺麗なのでずっと切らずに眺めている。...

エケベリア ブラックキング(2)

エケベリア・ブラックキング2014年1月~黒いエケベリアで、一般的にブラックナイトとか言われているものと見分けがつかない。一時期緑色になりかかったが、この夏の焼けつくような日差しで元に戻った。もともと、黒とか濃い赤色の多肉は強めの日差しが必要に思う。別の赤い奴も、雨ざらしでも日に当たっていれば緑にならない。...

エケベリアsp ビフィダ・ジマパンヒダルゴ(2)

エケベリアsp・ビフィダ・ジマパンヒダルゴ(E.sp.Zimapan Hidalgo)2014年1月~藤色の細葉エケベリアが開花。花が開ききる前の状態が面白い形。花の先だけが赤く、ちょっとだけ開いて中の雄蕊が見えるさまが何かの口のよう。...

エケベリア 紅司

エケベリア 紅司(Echeveria nodulosa)2013年12月~丸葉でない紅司。コブはできるのか不明。出来ない気がする。花は独特のカラーで見ていて楽しい。縦方向に伸びやすいのが玉にキズ。...

エケベリア マクソニー

エケベリア マクソニー(Echeveria maxonii)2013年12月~細長い谷折りの葉っぱのエケ。下手に育てるとあっという間に徒長したみっともない姿になりそうで、あんまり水やりできない。根が出るのはそんなに遅くなかったので性質は丈夫だと思う。...

エケベリア トップシータービー綴化

エケベリア トップシータービー綴化トップシーの葉挿しが綴化してたので、単独に分けた。葉挿しを育てていると綴化するのはそこそこある。トップシーも比較的綴化しやすい気がする。全然違う形になるので面白い。...

パキフィツム クラビオラ

パキフィツム クラビオラ(pachyphytum clavifolia?)2013年12月~謎のパキフィツム。ラベルは「クラビオラ」だけど…茎がベタベタしていて、葉っぱは比較的平べったい。パキベリアっていうセンもあるかも。ピートみたいなスカスカの土に植えられていたのを植え替えした。...

クラッスラ エルネスティ (2)

クラッスラ エルネスティ(Crassula ernestii)2013年12月~みっちり詰まっていたのを植え替えしたら、すぐ伸びた。今開花中だがちょっと間延びしている。なかなか詰まった姿の維持は難しい。葉っぱはポロポロすぐとれる。かなり小さい欠片からでも増えるので、カットして撒いておけば簡単に増やせる。...

クラッスラ デービット(2)

クッラスラ・デービット(Crassula 'David')2013年12月~これも雨ざらし移動組。水たっぷりでだいぶ膨らんだ。ただし、若干注意が必要かも。日焼けやカビなんかが出やすい感じ。これはこまめに世話しないとダメか。...

セネシオ 美空鉾(2)

セネシオ・美空鉾(Senecio prymidatuabar)2013年12月~ルビーネックレスの雨ざらしが調子が良いことに気が付いて、似たようなヤツを雨ざらしにしてみた。今まですぐシワシワになっては給水していた美空鉾に今までなかった花芽が。だいぶ調子が良くなったし、管理も楽になった。...

オトンナ ルビーネックレス(2)

オトンナ・ルビーネックレス(Othonna capensis 'Ruby Neckless')2013年12月~あんまりルビーじゃないけど、気に入っている奴。水やり控えめにして日によく当ててるとルビー色になるが、同時にシワにならない程度に水分調整するのがめんどい。水大好きっぽいので、完全に雨ざらしで軒から水が落ちてくるところにある。日もほぼ一日当たりっぱなし。カットすると簡単に根付く。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。