エケベリア ギビフローラ・メタリカ(3)

エケベリア ギビフローラ・メタリカ(Echeveria gibbiflora v. metallica)2013年11月~葉が少し上向いて良い感じ。それほど寒さには弱くなく、葉先が枯れるなどもない。茎の太さがまだ鉛筆サイズなので、まだまだ成長するはず。...

アドロミスクス クーペリ

アドロミスクス クーペリ(Adromischus cooperi)2013年12月~大迫力のこの模様。気持ち悪くて素敵。いるもムチムチでいてほしいので、こまめに水やりしている。なかなかよく増えるし、丈夫なのでアドロ入門用としてとても良かった。...

エケベリア 緑牡丹

エケベリア・緑牡丹(Echeveria globosa)2013年12月~マットな感じの紅葉。上手く隠れているが、下の鉢がすこーしボケていることから茎の長さはバレバレ。下に生えている仔株からしてかなり伸びている。こういう伸びる奴の下の葉をむしって葉挿ししているが、かなり成績が良い。増やしてどうすんだということはあまり考えていない。...

エケベリア パリダプリンス(3)

エケベリア・パリダプリンス2013年11月~ホントにパリダと花うららの特徴がよく出ている。大型種の縁取りは絵になるな。...

エケベリア オパールB(3)

エケベリア オパールB(Echeveria cv. Opal)2013年11月~だんだんムキムキになってきた。薄紫色が綺麗な感じ。でも何度見てもグラプトベリアっぽい気がする。...

クラッスラ オルビキュラータ(3)

クラッスラ オルビキュラータ(Crassula orbiculata)2014年2月~水やりすぎておかしくなっていたが、環境を変えて復活。少し暗めの日陰で養生したらまた増えてきた。クラッスラはオンオフのメリハリが大事だ。...

クラッスラ ロゲルシー(2)

クラッスラ ロゲルシー(Crassula rogersii)2014年2月~なかなか大きくならずにドキドキした。成長時期は春秋。それ以外の時期にのばそうと思って色々やっても無理なんだな~と思う。冬場、棚で半放置していたら赤くなってきた。良く目につくところに置いてた時はそんなでもなかったのに…...

クラッスラ ボルケンシー(2)

クラッスラ ボルケンシー(Crassula volkensii)2014年6月~良い色になってきた。今回土の肥料分が多かったのか、花付きもよく沢山咲いている。セダムと違って、肥料分の多寡で葉色に違いはあまりないような気がする。普通の園芸用土で状態よく育っている。...

エケベリア イリア単頭(2)

エケベリア イリア(Echeveria 'Iria')2014年3月~もう一つのイリアは元気に分割中。双頭から3頭になってきている。こちらは何とか1年単頭で通している。少し色づいているが、面白い事にもう一つのイリアの方が置き場所は寒いし、日当たりもいいはずなのに紅葉していない。土も同じだし、違いは水遣り頻度か鉢の形くらいかな?...

アエオニウム 愛染錦(3)

アエオニウム 愛染錦2013年7月~なかなかいい感じに成長中。ペラペラより少し肉厚な感じが好き。だが、狙ってというよりは半ば偶然の産物。アエオニウムは多肉というより観葉植物的な管理の方が良いのかも?と最近思っている。水肥料少し多め、暖かい環境。...

カランコエ 冬モミジ(3)

カランコエ・冬モミジ(Kalanchoe grandiflora)2013年6月~どちらも同じ冬モミジ。今年植替えして同じ株から分けたのにこの差。大きい方は虫にやられたりして水分多めだった。その反面、新芽がかなり成長している。赤い方はかなり水分切って、なおかつ高温環境にあった。太陽の方へ傾いているのもあるが、あまり大きくならず、仔株も無し。...

エケベリア 茜牡丹(3)

エケベリア 茜牡丹(Echeveria sanguinea)2013年12月~花芽つき多頭。もうギチギチ。どんどん黒っぽくなって、購入時とは別物。つぼみは固まらずにバラける感じ。花の付き方と姿かたちから、おそらく「ロスラリス」とか「ブラックローズ」というのと同じものだと思う。...

セダム アラントイデス(3)

セダム アラントイデス(Sedum allantoides)2014年3月~何というか中途半端感が凄い。むにゅむにゅっとした葉っぱが不揃いに生えてゆく感じが、セダムの乙女心とかの出来損ないみたい。特に紅葉はしないらしい。セダムらしく割と成長は早いが、性質はどう見ても弱そう。...

カランコエ ファリナケア(2)

カランコエ ファリナケア(Kalanchoe farinacea)2014年3月~年中姿が変わらないひと。少し枝分かれして、根元に子供が出てきている。なかなか丈夫な木立性カランコエ。...

エケベリア エレガンス・ラパス(2)

エケベリア エレガンス・ラパス(Echeveria elegans 'La paz')2014年1月~以前「ラパズ」表記していたが、最近の書籍で「ラパス」になっていたのでそちらに従って表記。ラパス地方原産のエレガンスの一種。今回は冬の姿。暖かくくなると淡いグリーンになってもっと開く。葉先の反り返りが他ではあまり見ない感じ。...

エケベリア ルンヨニ―(2)

エケベリア・ルンヨニー(Echeveria runyonii)2013年11月~ぺラっとしていたが、多少肉厚になってきた。2鉢あって、はじめは見た目の印象が違っていて気になっていたが、経過とともに同じような感じにまとまってきた。個人的に丸々したシルエットが”らしい”気がする。...

エケベリア ザラゴーザ長葉タイプ(2)

エケベリア ザラゴーザ 長葉タイプ(Echeveria cuspidata v. gemmula?)2014年3月~ちょっと夏場に蒸れて頭をカットした。その後、頭の方も回復したが、カットした根元から色々増えてきた。切り口の乾燥をいかに早くするかがポイントのような気がする。...

エケベリア ラウイ(2)

エケベリア ラウイ(Echeveria laui)2013年12月~比較してみれば大きくはなっているけど、とてもゆっくり。水やりほとんどしないので当然と言えば当然。成長期でも月一で、シーズンオフならほとんどやらない。11月ごろ最後に水をちょっとだけ与えただけで、おそらく2月ごろまでもうやらない。...

エケベリア ラウ165(2)

エケベリア ラウ165(Echeveria amoena ‘Lau 165’)2013年12月~小型エケベリア。強健でよく増え、葉挿しも成績が良い。これも比較的丼物に向いている。葉先のポッチとかからなんかロッティーみたいなセダムっぽさを感じる。...

カランコエ 銀の卵

カランコエ 銀の卵(Kalanchoe orgyalis)2013年12月~ここで取り上げる前に冬の寒さに本体がやられて、生き残った葉からの葉挿し。仙人の舞というブラウンのタイプと種類としては同じものとされている。銀の卵の方は全体が白っぽく、色が違うが性質や形は一緒。成長はゆっくり目だが、結構大きくなる。カランコエは寒さに弱いので霜ダメ、絶対。...

エケベリア 渚の夢(2)

エケベリア 渚の夢2013年12月~パステルカラーでちょび髭のエケ。肉厚で可愛らしい。ゆったり君だけど、それなりに大きくなってきている。葉の更新が遅めで下葉はあまり枯れないタイプ。...

パキフィツム グラウクム(2)

パキフィツム グラウクム(Pachyphytum compactum glaucum)2014年3月~ムキムキモリモリ成長。だんだん横に倒れてきた。今では支えがないと鉢が転ぶ。たまに「アメジスト」という名前で見られるが、この色からなんだろうね。パキフィツムは葉挿しでも増えるし、根元から仔も出す。...

エケベリア 大和錦(2)

エケベリア・大和錦(Echeveria purpusorum )2013年12月~大和錦の冬の姿。変化は地味だがなかなか綺麗だと思う。暑さ寒さにも強いし、虫もあまりつかない。丈夫さはエケベリアの中でもナンバーワンなんじゃないか。...

クラッスラ 玉椿(3)

クラッスラ・玉椿2013年3月~脇芽発生中。何とか全滅は免れそうだ。ここまでは何とかなるのだが、いつもここからが大変。...

エケベリア ジョアンダニエル(2)

エケベリア ジョアンダニエル(Echeveria ‘Joan Daniel’)2014年3月~ジョアンダニエルは茎も赤い。花芽上がるの2回目。もう少し締まった姿を見てみたい。...

エケベリア 魅惑の宵(2)

エケベリア 魅惑の宵(Echeveria agavoides cv. 'Lipstick')2014年5月~丈夫故にあんまり日当たりの良くないポジションを割り当てられ、その結果赤みは控えめ。リップスティックの名に恥じない紅葉を見ることはできるのだろうか…この明るい色もこれはこれでいい気がする。...

エケベリア トリマネンシス(2)

エケベリア トリマネンシス(Echeveria tolimanensis)2014年5月~白い粉の棒。ムチムチしてきてかっこよくなった。結構交配に使われたりもしているみたい。面白い形が出来そう。ウチでは茎立ちしないやつはあんまり葉挿しの機会がない。何となく増やしにくそうな感じがする。...

センペルビブム ミセスジョセフィー(3)

センペルビブム・ミセス・ジョセフィー2013年3月~氷の中でもたくましく生きております。このセンペルは色柄も年中安定していて非常に安心感がある。センペルの開花率は約2割と言われているが、コレは今までうまいこと咲かずに大きくなって増えてきた。(センペルは咲くと枯れますん)...

エケベリア 青典の司(2)

エケベリア 青典の司(Echeveria ‘Seiten-no-Tsukasa’)2014年6月~青典牡丹 x 花の司。エッジが赤くなるのは標準ですが、ぶつぶつは違います。夏場害虫のとの激しい戦いの痕。なかなか駆除できなくて大変でした。暑い時期は大変だらしない恰好で、あんまり愛着が湧かなかったのが原因。長い葉のタイプはキュッと上向きに閉じてないと。...

センペルビブム ベルテヌム

センペルビブム ベルテヌム2014年4月~うっすら紫色と尖り気味の葉。センペルは時期によってかなり見た目の変化が激しいので、これからどう変わるかも見もの。シックな感じのセンペルかな。...