グラプトペタルム 桜牡丹(3)

グラプトペタルム・桜牡丹2014年1月~朧月系のグラプト。少し小ぶりかな?薄氷っぽいが桜の名前のとおりごくうっすらとピンク色がでる…けど並べて比較しないと違いが分からないレベルの違いだったらどっちかあればいいか。前の記事...

エケベリア 紅染笠(2)

エケベリア 紅染笠(Echeveria fulgens)2014年7月~リーフレタス(笑)これもこれからの天気にはツライ。ウチではこの系統の赤色の奴はどんどん赤黒い色合いになるのだが、明るい赤色にするにはどうすればいいんだろう?前の記事...

エケベリア 不明その2 (2)

エケベリア 不明種その22014年2月~名無し故に取りあげづらい。おそらく『ハッピーグリーン』か『グリーンジョイ』ではないかと思う。肉厚でぎっしり密なロゼットのかなり好みのタイプ。花は黄色1色でプリドニス系。アガボイデス系との交配かな?花うららとかに混じって売られていた。混じり抜きって楽しい。前の記事...

エケベリア プリンセスパール(2)

エケベリア プリンセスパール2014年10月~梅雨入りして日照時間が稼げないこの時期。エケベリアには辛い季節。せっかくのフリルも少し控えめに。ここから先は下手に水をやるとグングン徒長してくるのでしばらく断水かな~前の記事...

パキベリア 花立田(2)

パキベリア 花立田(xPachyveria 'Albocarinata')2014年3月~斑入り立田。筋っぽい斑が入っていて、ザーニーとかに似た感じ。日当たり悪いと斑が消えるんじゃないかと思っていつも特等席に置いている。前の記事...

エケベリア アイボリー(2)

エケベリア アイボリー(Echeveria‘Ivory’(Van Keppel))2014年3月~ファンケッペルとも言う(というかそっちが正しい)。『ケペル』という名前で売られているの見たこともある。ムチムチしててかわいい。ムチムチを維持したくていつも水をやっている。前の記事...

グラプトベリア デビー(2)

グラプトベリア デビー(Graptoveria ‘Debbi')2014年3月~花が咲きそう。他のグラプトより開花遅いようだ。最近水をたっぷりやったので広がってる&伸びている。綺麗に育てるには水遣りをかなり控えめにした方が良いかも。グラプトの性質で上に伸びやすいしね。前の記事...

コチレドン 達磨福娘(3)

コチレドン 達磨福娘2014年5月~こちらはこれから開花。花の大きさは常識的なサイズ。コロコロした飴みたいな葉がたくさん。花が終わった後、根元あたりから新しいのが出てくる。前の記事...

コチレドン 福娘(2)

コチレドン 福娘(折鶴)(Cotyledon orbiculata var. ophylla)2014年3月~コチ花全開の様子。頭が重すぎて固定しないと倒れる。自然環境だったら強風吹いたら折れるよコレ。成長速度はちょうどいい感じで育っているのが実感できる。結構走光性があって太陽の方向に傾いていくので、バランスよく育てるためにクルクル回す必要がある。(その種類も多かれ少なかれそういう傾向があるけど、コレはより分かりやすい)前の記事...

カランコエ 福兎耳(2)

カランコエ 福兎耳(Kalanchoe eriophylla)2014年2月~ちょっと伸びたね。白い毛に覆われて見づらいけど季節によって葉が紅葉する。兎系のカランコエはどれも丈夫で育てやすい。ちょっと日陰でも大丈夫だし、水も忘れてた頃にふと思い出したようにやってるくらい。前の記事...

パキベリア 立田(2)

パキベリア 立田(xPacyveria scheideckeri)2014年2月~スカイデッケリさん。エケベリア・スカイデッケリで売られているのはラベルの取り違えか何かと思われます。立田の方はパキベリアらしく葉に丸みがあって、爪があまりシャープではない。コレはこれできれい。ちょっと茎立ちする。前の記事...

エケベリア あずき(2)

エケベリア・あずき(Echeveria ‘Painted Frills’)2014年1月~紅司のカラーリングにシャビアナのフリルの名残って感じ。意外と丈夫で寒さにも比較的強い感じだが、暑いのがダメっぽい。ペラペラ系だから水をあまり貯められないのかも。前の記事...

エケベリア ドンド(2)

エケベリア ドンド(Echeveria 'Dondo')2014年1月~モリモリ芋虫wデローサと似たヤツ。大きさ以外で見分けがつかない。花もオレンジで、デローサとか静夜の花と咲き方が一緒。前の記事...

グラプトベリア バイネシー(2)

グラプトベリア バイネシー(Graptoveria bainesii)2013年12月~いい色なバイネシー。よーく見るとキラキラした粒子みたいなのが見える。大ぶりでグラプトの性質が強そう。見えないけど結構茎立ちしてます。根元からは仔株が。前の記事...

エケベリア ピーコッキー(2)

エケベリア ピーコッキー(Echeveria peacokii) 2014年1月~冬越し後の微妙なグラデーションが残って美しいね。花芽は花咲き始めでカット。ピーコッキーは前の記事にもある通り、ピーコッキー“サブセシリス”、“トリメンシス”、“デスメチアーナ”とか色んなバリエーションがあるけど、これはなんだろうね。和名『養老』と言うこともあるけど、養老はあまり爪先色付かないイメージなんだけど…前の記事...

クレムネリア センペルヴィヴォイデス

クレムネリア センペルヴィヴォイデス (Cremneria ‘Sempervivoides’)2013年12月~葉先の赤いポッチがかわいい。割とツルンとした質感でどこら辺が『センペルに似ている』んだろうか?花はピンク色に小さめで、形はエケベリアのラウとかプロフィリカに似た感じ。花芽についた葉挿しでちょっと増えた。仔吹きも旺盛。前の記事...

エケベリア リラシナ(2)

エケベリア・リラシナ(Echeveria lilacina)2014年1月~エケとしては微妙に綺麗な形にならないので、ちょっと苦手。葉が開いた状態にしないためにかなり水控えめ。そのため小さいままでほとんど変わらない大きさ。比較的丈夫な方で、暑さにも強い。乾燥気味に育てると、虫が心配だがコレは付いたことない。前の記事...

エケベリア ビフィダ(2)

エケベリア ビフィダ(Echeveria bifida)2013年12月~ちょっと変わった種類。少しザラ肌。何となくパキフィツムとかっポイ形。花芽かな?と思ったら仔株でした。色が淡い感じでちょっと茎立ち気味。前の記事...

エケベリア パニクラータ(2)

エケベリア パニクラータ(Echeveria paniculata var.paniculata)2013年12月~これも昨日の澄江と同じ銀明色グループ…と勝手に呼んでいる。花の系統が一緒なのです。このグループは普通のエケベリアよりも水が好きで、割と頻繁に水をやっている。暑いとすぐブツブツがでるので暑さには弱い。そしてどんどん花が咲いて、葉っぱからはどんどん仔株が出る。葉挿しを混ぜてしまったので、どれがどれやら分かんなくなってしまった。前の...

エケベリア 澄江(2)

エケベリア 澄江(Echeveria ‘Sumie’)2013年12月~銀明色系。このタイプは葉挿しの成功率がものすごく高い。花芽についた葉っぱをばら撒いていたらほぼ100%芽が出た。赤っぽいオレンジ色の葉が咲くのだが、ウチで葉開花時期が一番早い。冬の終わりにはもう咲き始める。前の記事...

エケベリア イリア(2)

エケベリア イリア(Echeveria'Iria')2013年12月~サンチェスメホラダエとかいう舌をかみそうな名前ですごく似ているのがある。あとうちにあるアルバというのにもよく似ている。枯葉が凄く壊れやすくて、キレイに取れないことにいつもイラつく。前の記事...

セデベリア ダリーダール(2)

セデベリア・ダリーダール(Sedeveria 'Darley Dale’)2013年12月~ちょっと茎が立っているが、ギュッと詰まっていい感じ。下葉は結構枯れやすい。成長速度はセダムの血筋のため早め。見た目女雛に似ているけど、こうして見るとセデベリアっぽさがあるなあと思う。エケベリアと比べてなんとなく爪が尖っていなくてやわらかな感じ。エケベリアはもっとツンツンしてる。前の記事...

パキフィツム クラビオラ(2)

パキフィツム クラビオラ(pachyphytum clavifolia?)2013年12月~いまだに正体分からずのパキ。茎のベタベタがついてちょっとキタナイ。結構水分吸収するが、あまりやると徒長してみすぼらしくなるのでギリギリまで水遣りを我慢している。前の記事...

クラッスラ ボルケンシー錦(2)

クラッスラボルケンシー錦(Crassula volkensii cv.variegata)2013年12月~凄く小さいネット通販のおまけカット苗から。まだまだ小さいので、一鉢にするほどでもない。あまり急激に大きくはならなそうなので、寄せ植えのスペース埋めなんかに使うとシルエットが崩れにくいかもしれない。セダムとかを寄せ植えに使うと、どんどん伸びてくるのでこれなら使い勝手よさそう。前の記事...

クラッスラ フェンウッド(2)

クラッスラ フェンウッド(Crassula‘Fenwood’)2013年12月~もりもりになったフェンウッド。花芽が枯れた後の姿もまた一興。あまり上には伸びずに横に広がるタイプ。比較的水は好きな方なので小まめに水遣りするとよい。前の記事...

エケベリア ストリクチフローラ(2)

エケベリア ストリクチフローラ ブスタマンテ産(Echeveria strictiflora,Bustamante)2013年12月~あんまりよそ様にはお見せしたくないありさま。葉数は増えたけど汚い。ぽつぽつとニキビのようになっているのは、多分火傷じゃないかと思う。所謂水ぶくれみたいな症状。肌が弱いのかもしれない。前の記事...

グラプトペタルム ミクロカリックス(2)

ミクロカリックス(Graptopetalum pachyphyllum)2013年12月~かなり増えたので2つに分割した。こちらは比較的締まった方。グラプトらしく葉挿しでも何でもよく増える。良く成長するが、すぐ縦伸びして下の葉が枯れてくるのが早い。性質的にホントにグラプトらしい。ブルービーンとかコミックトムとかは違うのかね?前の記事...

セデベリア ジェットビス(2)

セデベリア ジェットビズ(Sedeveria 'Jet Beads')2013年12月~濃い赤茶色を維持するのがムズイ。質感はセダムのクロコダイルみたいなツヤツヤ肌に、かすかにキラキラする粒が見える。地味に斑入りだがこれが普通のようだ。茎は太くしっかりしていて伸びても垂れ下がったりしない。この茎の太さと色あいからエケベリアの親は古紫とかかな?前の記事...

セダム 粉雪(2)

セダム 粉雪(Sedum oaxacanum)2013年12月~ぐんぐん伸びて、こんな姿に。コレはこれでいいかとか思ってる。性質は丈夫でご覧のようによく増えるが、比較的茎が硬いタイプのセダムなので、他のセダムのように爆殖とまではいかない。あとこの姿を見るに密生はしないみたい。前の記事...

アナカンプセロス ラコブス(2)

アナカンプセロス ラゴプス2013年12月~最近桜吹雪以外にも何種類か流通で見かけるようになった気がするアナカンプセロス。花咲きそうなんだから咲いてから掲載すればよかった。こぼれダネから勝手に増えている。前の記事...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。