多肉の冬越し(エケベリア編)

今年の冬は暖冬とは言いつつも、不意に寒くなったり暑くなったりで少し気をもむことが多かったかもしれない。
毎年のことだが、年中外置き出来ない植物を大量に持っていると、冬の管理は悩みの種。
冬になると「マイ温室欲しいなあ」とか思いつつ、立派なハウスを持つ趣味家さんや、植物園が羨ましくなる。

当地は東北地方でもそんなに寒くない方ではあるが、それでも最低マイナス7-8度位にはなるので、何とかせねばならない。
室内に取り込むにしても場所が…とかあるのでどうにか外で冬を越す方法を考えてみたい。

栽培環境は人によってさまざまなので、そのまま使えるとは限らないが、多肉を育て始めてもう何度目かの冬なので、これまでの知見をちょっとつらつらとメモしておこうと思う。

条件は最低気温はマイナス8度程度、雪は少な目、戸建て住宅の外置きで特にエケベリアについて考える。

1. カンテ交配は危険
いきなり否定からはいるスタイル。カンテは持ってないが、カンテの血統の白鳳なんかは特に寒さに弱い。
大体のエケは仔株はともかく大きくなれば多少耐寒性が増すが、この系統はムリ。
内にあるデカい白鳳は毎年冷気にやられて死にかける。
この系統だけでも室内置きにした方が安全。

2. 注意すべきは気温より放射冷却
単にマイナス気温になるだけではあまり凍ることはない。夜晴れて風が少しある時が要注意。
放射冷却で一気に冷えてダメージを受ける。
秋の早霜、春の遅霜あたりで大丈夫だろうとタカをくくって失敗することが良くある。
ヒアリナ01

3. 冷気は上から降りてくる
植物に不織布や新聞紙で覆いをかけるのは、地面から奪われる熱が冷えて下がって来るから。
上から降りてくる冷気を避けるために覆いをかけるとだいぶ違う。
屋根がある軒下やベランダはその意味で霜よけになるのでもう少し耐える。
個人的には不織布より夜だけ新聞紙で覆う方が耐久力がある気がする。
日が通るから外さなくていいしという理由で透明なビニールをかぶせるのはNG。
冷気をほとんど防げないし、逆に日中外気温が上がっても中が冷えたままになって逆効果になる。
風よけ以上の効果はない。

4. 簡易温室は過信しない
一坪くらいの簡易温室は1万円しないで買えるのでそれに入れとけば安心。ではない。
温度は上がりやすいが最低温度は外と大して変りない。
そのくらいの大きさだと電気式のヒーターが置けるので空気を動かして凍結防止することが出来る。
それ以上小さい簡易温室はこまめに開け閉めしないと3の理由で逆に冷蔵庫になる。
リタ02

5. 基本断水で根を守る
ウチではだいたい11月下旬~2月中下旬くらいまではほぼ水やりしない。
ちゃんと直前に水遣りしておけば問題ない。
また、葉っぱを凍らせても少しなら取り返しが効くが、根は絶対ダメ。
でも少し暖かい日が連続している時にほんの少し濡らして、シワシワの葉をピンとするのを見るのは楽しい。
覆いをしていると意外と湿度が高くなるので注意。

簡単・低コスト冬越し(見た目はともかく)
深さのある衣装ケース(段ボール箱や発泡スチロール箱でも可)に新聞紙で覆いをする。
新聞紙の保温効果をなめてはいけない。くしゃくしゃ丸めた新聞を鉢と鉢の隙間に詰めておくと結構暖かい。
新聞紙は神。

ラウイ05
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。