多肉の日焼けについて

今年はとある事情で置き場所が良くなかったため、日焼けでダメにする事が多かった。
見ているといくつかタイプがある様なので個人的メモ。

①水分による部分的な日焼け
画像の大和錦みたいなタイプ。水遣りして葉に水分が残っている時おこる。
ラウイやコチレドンみたいに白粉が強い奴はなりにくく、大和錦みたいにツルツルの葉の奴はなりやすい。
そもそも粉の強いタイプは日光には強いものが多い。
水をやってから数日は3時間以上直射日光当てちゃダメ。
遮光率50~60%でも日焼けする。
中心が焼けてなければ成長とともに葉が更新される。

②根元から茶色くなるタイプ
モサモサ系のクラッスラあたりがなりやすい。
土に水分があって蒸れるために枯れてくる感じ。
こんもりした群生の真ん中ら辺から枯れてくる。
一部が生き残っていれば立て直しは効くが、変色した部分は死んでいるので元の状態になるまで植え替え必須。

③全体がフニャフニャになって萎むタイプ
今年センペルが結構こんな感じになった。全体が黄色くしなびて縮む。
水をやっても復活は難しい。
鉢が小さく、土が見える(鉢に余裕がある)場合ほどなりやすい。
土の表面が見えないくらいびっしり群生している、また本体が大きいとあんまりならない。
センペルは梅雨を過ぎたら雨ざらしでもいいから完全日陰がいいかもしれない。

日焼け
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

いつも読み逃げですみませんm(__)m

家の銀揃が②の様になってしまっています
茶色くなってるのでサビ病とか言う病気かと勝手に思っていました
あれも蒸れだったのですね
早速植え替えてみます

今年作ったばかりのセンペルの寄せ植えも
丸く閉じちゃってなんでだろうと思ってたんです
涼しい場所に移動してみます

毎回、為になる記事をUPして頂きありがとうございます

Re: こんにちは

> 花みずき❤さま
こんにちは
読んでいただけるだけでありがたいです。

サビ病は根元よりは葉の部分が部分的に茶色になる感じで、その名のとおり少しザラッとして見えます。
初期状態は茎は生きています。
銀揃のようなクラッスラなんかも比較的なりやすいですね。
②の場合は茎も葉も変色して枯れてきます。
見てみないと分かりませんが、銀揃はあまり密に群生していないのでサビ病の可能性もあるかと思いますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。