ユーフォルビア デビリスピナ

ユーフォルビア デビリスピナ(Euphorbia debilispina)2017年2月~新入り。小さ目の四角い枝が分岐しているところ、下の方が木質化している感じがとても好き。あと細かいトゲとか、なんかちょっと枝がピョンピョンしているところとか。これも今のところ室内置きで様子見。水の加減がちょっと難しそう。...

パキベリア? ユニフィー

パキベリア? ユニフィーとにかく謎。一度花が咲いたが薄いピンク色で茎もピンク。パキみたいに下向きでなく横から上向きにまばらに咲いていた。…とか色々調べてみてたらパキフィツムの“ユニフロルム”って似てなくね?ってなり、さらにユニフロルムは=フーケリときてさらにフーケリは…もう訳ワカラン。...

コルプスクラリア 夕凪

メセン科コルプスクラリア属 夕凪デロスペルマ→コルプスクラリアとして分離という経緯があるようでどっちでもヒットする。さらに「夕波」という非常に似た名前あるいはどこかかで名前の聞き間違え?また、最近人気の「碧魚蓮」の偽物的扱いの「レーマニー」と同一?それにしては葉が長いバージョンと碧魚蓮に似た短いハサミがありそうで何が正しいのかイマイチ。ただコレは言える。とっても水を欲しがります。 ...

ジョビバルバ ヒルタ イエローグリーンフォーム(3)

ジョビバルバ ヒルタ イエローグリーンフォーム(Jovibarba hirta yellow-green form)2013年6月~新緑の時期。明るい緑色のジョビバルバが輝いている。来たときはこんなに小っちゃいのちゃんと育つのか不安だったが、かなり良くなってきた。前の記事...

ヒメクモマグサ

ヒメクモマグサ(Saxifraga bronchialis f.togakushensis)2016年6月~シコタンソウとかの仲間だそうな。よく見るクモマグサは洋種で別もの。「アマカザリ」というのは、雨飾山という新潟県と長野県境の山のことか。遠出した際に山野草のお店で見つけた。高山植物で、同じ高山植物のジョビバルバにとても似ている。...

アロエ 翡翠殿(1)

アロエ 翡翠殿(Aloe juvenna)2016年~割とよくあるアロエ。トゲトゲと白い斑点が特徴。アロエって枯葉がしっかりくっついていて取りにくいよね。多肉の枯葉取り好きなんだけど…...

コエリア(1)

コエリア(Haworthia koelmaniorum x Gasteria)2016年~ハオルチアとガステリアの交配種。見た目でガステリアだと思っていた。結構丈夫そうでのんびりとしている。...

アローディア プロセア(2)

アローディア プロセラ 亜竜木( Alluaudia procera)2014年12月~2段ロケット状態。あんな魚の中骨状態の切り口から普通に2段目が出てくるとは…今は葉が落ちてただの骨が土に刺さってる。前の記事...

ポーチュラカ セファリアナ(2)

セファリアナ2015年2月~花がまだ咲いていないので確証はないがおそらくポーチュラカ。なかなかすごい色になっているけど寒さに弱そう。ポーチュラカの耐寒性調べたら12度以下はダメだって…既にマイナス3度とかになっているんですがそれは…前の記事い...

アロエ 姫竜山(2)

(Aloe brevifolia var. postgenita)2015年4月~トゲの配列がとても好み。アロエでロゼット型はあまり見ない気がする。小型なので場所も取らない。前の記事...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。